エキナセア
花弁が下向きになって咲くのが特徴。
株分けなどしたことないが、今年は去年の2倍くらいの花を咲かせている。


ルリ玉あざみと このエキナセアにミツバチがぶんぶん寄って来ている。
そういや今年はアシナガバチを見ないなー。
いつもならどこかに巣を作っているのに、今年は巣も見当たらない。


その代わりと言っちゃなんだが、クマバチを多く見かける。
このクマバチ、大きいし、ブーンという羽音がすごいので、刺されたらさぞかし痛いだろうなと思って近づかないようにしていたのだが、なんとこのハチ、見た目と違って性格は温厚で、滅多に人を刺すことはなく、また刺されたとしても重症になることも少なく、雄に至っては毒針さえ持っていないのだという。
花の蜜と花粉を集めることだけが生きがいの 優しいヤツ…なのだ。


見た目で判断しちゃいけないんだね。
虫も、人も…。






「いじめ」のことを もう少し引っ張りたい。
あと3、4個それに関する書きかけの日記がたまっている。
書くとスッキリして、私の中のドス黒いものが浄化されるような気がするので書く。
書くぞ――――!!!



ムスメがいじめを受けていると知った時、私がまず最初に思ったのは、
「なんでうちのムスメが!?」ってことだったんだよね。


「ウザイ」「キモイ」って、どーゆーこと…!?
うちのムスメは、ウザくもキモくもないだろーがっ
むしろどっちかというと「カワイイ」「キレイ」「スタイルいい」的な形容詞の方が適しているだろーよっ
……ま、そういう問題じゃないのだが。


今、猛烈に自分を恥ずかしいと思っている。
あの時脳裏に浮かんだ「なぜうちのムスメが」ってやつ。
裏を返せば、こうとも取れる。
うちの子がいじめられるはずがない→そもそもうちの子にはいじめられる理由がない


あの時の私に、問いかけてみる。
「じゃあ、いじめられる理由のある子なら、いじめられてもいいのかよ?」


今だったらハッキリ言える。
いじめていい理由など、この世にひとつもない



15.gif




いじめの中身は「犯罪」だ。
学校内で起きている…というだけで、「いじめ」のひと言で片付けられているだけ。


ウザイ、キモイなどの暴言を吐くのは、名誉毀損侮辱罪
無視や仲間外などして精神的に深刻な傷を負わせたら、傷害罪
「金持ってこい」は、恐喝罪
持ち物を隠したり、壊したりしたら、器物損壊罪窃盗罪
裸にしたり、自慰を強要したりするのは、強制わいせつ罪
殴る蹴るなど体への暴力・リンチは、傷害罪現場助勢罪
死なせてしまったら、傷害致死罪(最高刑:30年)……は当然だけど、


大人の世界で、あいつは殴られたり金をせびられたりしても仕方ない人間だから加害者は無罪!…などということはあり得ない。
それがこと学校内となると、なぜかあり得るんだなぁ。



wondergirl2_k_convert_20140728231656.gifクラス内でいじめが起きた時、
子どもはその行動によって4種類に分けられる。


まず、「加害者」
いじめを始めた張本人。

次に「加担者」
加害者と同じ行動をとったり、一緒になって無視や悪口を言う程度のことをする。


そして「傍観者」
関与しない、見て見ぬフリをする。


最後に「解決者」
止めさせようと他の級友に働きかけたり、先生に報告したり、見たその場で止めさせたりする。



このうちの「傍観者」というのに注目してもらいたい。
いじめがそこにあるのに、実際に自分の目の前でそれが行われているのに
見て見ぬフリをする子どもの心理って、なんだろう?


「関わり合いたくない」「自分がターゲットにされたら困る」
そういう思いは、誰にでもある。それは否定しない。
いじめを放置し見逃すことは、ある意味ラクなことだ。
自分は何もせず、見なかったことにすればいいのだからね。
でも、それは一見ラクなように見えて、実は大きな代償を払っている。
そのことは 本人すら気づいていない。
傍観することと引き換えに、その子は、成長する上で最も大事なものを失っていく。
それは、「自己信頼感」


いじめを見ぬフリをすることで、自分の中の良心や正義感にフタをする。
解決者を羨ましく思う反面、何も出来ない(しようとしない)自分の無力さ、情けなさに、どんどん自信を失っていく。


級友一人助けられない自分はダメな人間だ…という負の感情を打ち消すために
被害者のアラ探しを始める。


被害者が悪い、被害者にも原因があるということにすれば、自己を正当化でき、良心の呵責もなくなり、罪の意識が軽くなるから。
こうして傍観者は、被害者を助ける方向ではなく、被害者のアラを探すことに全力を傾ける。
傍観者が、加担者に変わる瞬間、だ。



15.gif



いじめられっ子の傾向…とかよく聞くけれど、余計なお世話だ、と思う。
優等生だって、クラスの人気者だって、いついじめられる側に立つか分からない。
だって、いじめられる理由など、この世にないのだからね。


じゃ、いじめの原因は何か?


私の出した結論。


いじめの原因は、いじめる方にある。
いじめの原因は、いじめられる方には一つもない。


だから本当は、いじめっ子のケアを本腰入れてやらないと、いつまで経ってもいじめはなくならないということ。
あ、でも、一つある。


いじめっ子を変えることなく、いじめをなくす方法。
(いじめっ子を変えるのって容易じゃないよね?)
・・・・・それは次回。









関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks