うちのかぼちゃが子だくさんで参る。
そのままにしとくと緑のカーテンのネットが重みで切れるので、泣く泣く間引き。
その繁殖能力を家主にも分けて欲しかった。…もう遅いけど。


帰省時のことを少し。


実家は母が一人で住んでいるので、帰省する分には気楽な方だと思う。
母は、私や孫(ムスメのこと)が大好きで、行けばこれでもかっつーくらいもてなしてくれる。
帰省はいつも夫の実家とセットなので(近所だからね)、夫の実家に泊まったあとに実家に行くと、母に、気疲れしたでしょうから休んでなさいと言われる。
それでは申し訳ないので食器の後片付けくらいやろうとするが、制される。
私がやるのを許されるのは、せいぜい電球を変えることと、FAXのインクリボンを変えることと、弔問客の相手をすることくらい。
あとは黙ってソファに座っていればよろしい。
いつの間にか風呂が湧かされ、ビールが運ばれる。
ああ!実家ってなんて便利なの!
……と思うのは初日だけ。
あとはだんだん苦行の日々となるのだ。私の場合。


こんな上げ膳据え膳で文句を言うのもナンだが、母の記憶の中で、私の食の好みが小学生時代で止まっている。
もう50近くなるのに、未だに私はギョーザと寿司と焼きそばが好物らしい。
もうね、他のもの出てこないからね。
味付けも、40年前とまったく変わってないし。ある意味すごいことだけど。
(※ちなみに私が何か作る余地はありません)


家では寿司なんてめったにムスメに食べさせていないのに、帰省時はどちらの実家でも生の海鮮類が出される。
言ってもムダ。次の訪問時には忘れてるから。
外食と一緒で「あきらめる」しかない。
波風立てぬよう、美味しく頂くしかない。
帰ってから集中デトックスすればいいんだから。


あと、ムスメが口を滑らせて、パパの衣類と一緒に洗うと匂いが移ってイヤ…みたいなことを母に言ったらしく、帰る際、香り付き柔軟剤をしこたま持たされた。
お母さん、うちはこういうの一切使ってないんですよ。
界面活性剤入りのシャンプーもムスメは生まれた時から使ったことはないし、合成洗剤も使わない生活をしてるんです。もうこれ何回も言ったけど、その理由はですネ……


って、もう説明するの、面倒くさい。
今更分かってもらわなくてもいいんだ、と思う。
母を変えることはできないし、価値観がまるで違うんだもの。


母は、あまり物事を深く考えないタチだ。
ガザのニュースを見てもそう。
イスラエル寄りの一方的な報道を鵜呑みにして、パレスチナ人が悪いと決めつけている。
集団的自衛権のことも、良くは知らなかった。
母が興味あるのは、半径50m以内のことだけ。
近所の誰それさんがどうしたとか、あそこの娘さんが離婚して帰ってきたとか、誰が入院してるとか死んだとか、そんなことばっかり。
母を見ていると、ほとんどの日本人はこういう感じなのだろうなと感じ、少し悲しくなってしまった。


母から学ぶことはもうあまりないので(ひどい娘だ)、テキトーに相づちをうちながら聞き流していた。一方的に喋るだけだけど、それでも母は満足したらしい。
1年365日のうち、ほんの数日のことじゃないか、帰省プレイだと思えばいいじゃないかと自分に言い聞かせながら相手をしていた私だが、さすがに疲れました^^


今回の帰省で母から学んだことは、高校野球のバックネット裏左から3番目にいつも同じおじさんが座っていて、そのおじさんは試合ごとにシマシマのラガーシャツを取り替える……ということだけ。
よく見ていたら、本当だった。(どんな豆知識やねん)




DSC02124_convert_20140818005432.jpg


久々に自分の買い物を。
こないだ買ったニューバランスのスニーカー。
WR996ランニング用2014夏モデル。
ランニングしなくてもランニング用…。いいのだ、それで。


ナローなので2サイズ大きめを買わざるを得ず。インソールで調整して履いてるが、あちこちから「あのスニーカー超カッコイイ!」という声が聞こえてきそうな今日この頃。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks