部活動に行ったムスメを車で迎えに行った夫がむすっとして帰ってきた。
その後に、これまた苦虫を噛みつぶしたような顔をしたムスメが続く。


私の全神経が見ぬフリをしろと囁いていた。が、時すでに遅し。
ふだん私のそばになど決して来ない夫が、目を逸らそうとした私をすかさずロックオン。そして怒りにまかせて唐突に喋り出した。


col14.gif話を要約すると…


迎えに行った夫に対し、ムスメはありがとうどころか、遅い!何してたんだぐらいの勢いで八つ当たりを始めたそう。雨で車が混んでいたし、さほど遅くなかったと思う。ま、どーせ部活でまた嫌なことでもあったのだろう。その矛先が夫に来たというワケ。


それとは別に、最近のムスメの夫に対する態度が本当にヒドイのだ。
キモイだのウザイだの、こっち来るなだの、罵詈雑言のオンパレード。
毛嫌いするにも程があるのでは…!?って私でさえも思うくらい。
「思春期」って、こんなに分かりやすく来るんだっけ?
…つい数ヶ月前までは、パパ、パパ♡言ってあんなにまとわりついてたっつーのに。


そういうムスメの日頃の態度に、さすがの夫もキレた。
ウザイだのキモイだのって、自分が言われて嫌な思いをしたくせに、自分も言ってるじゃないか。朝起きてきても挨拶もない、何を聞いても黙って答えない、今朝だって箸を取ってと言っても知らん顔。箸箱を差し出して自分のを取れと言っても完全無視。学校でもそういう態度をとっているのか。もしそうなら人間関係が上手くいかないのはそのせいだ。すべて自分に返ってくるんだぞ。本当に良くない。こっちだってもう何もしてあげたくなくなるわ。我慢するにも程がある!・・・・etc、etc。


ムスメに説教しながら、夫はチラッチラッとこちらを見る。


これはもしかして「おれに加勢しろ」って言ってる?
自分のことを舐めくさっているムスメを 共に叱り飛ばせという命令ですか先生?


でも何かの本に「子供を叱るのは片方にして、もう片方は子供をフォローすべし」と書いてあったようn…


そんな私(=徹夜明けで目が死んでる)の気の迷いを素早く察知した夫は、DIOのごとくこう言い放った。


27_98.jpg



徹夜明けでボロ雑巾のような思考能力しかない私に、それをせよと?(泣)。
がよく考えれば、知的で冷静な母親像を見せる絶好のチャンスではナイデスカ。
ナメクジのように軟化した脳みそをフル回転させ、この場にふさわしい日本語を記憶の底から引きずり出し、目を左右に泳がせながらひと言ひと言絞り出す私…。


私の口から言葉が発せられるたび、床に寝転び、地団駄を踏んで泣きわめくムスメ。


「もういやだ〜!」
「みんな出てけ!」
「うちは変われない〜!無理〜!」
「もう誰も信じないーーーーー!!!」


……おいおい。


でもよくよく聞くと、


「日本うぉ〜〜 良くしたいからぁぁぁ〜」
「あなだにば分からないでしょうねぇぇ〜」


・・・・・・は?
どこかの議員が憑依してないかえ?



というワケで(どこがというワケなのだか)
私の言葉がムスメの琴線に触れたようで、それ以来、親を無視する回数も減り、朝はちゃんとこちらが「おはようございます」と言えば「おはよ」と言ってくれるようになり、今日は部活あるの?と聞けば「……ああ?」と返してくれるようになりました
ずいぶんな進歩です。


家の中では、たとえ夫がキモかろうが全然似てないオラフの顔真似を頻回にしてスベろうが加齢臭をまき散らそうが、直接それを言葉に出してはいけないという条例が夫により制定されました。


オラフの真似は似てないんで、マジやめて欲しいです。












関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぴろせ しのぶ | -

    ムスメって

    複雑な生き物ですよねえ。

    ここを超えたらまたどんな親子関係になるんですかね。その日を楽しみに娘の激しい感情の波に付き合うしかないですよね。

    うちはまだパパ臭くない(笑)今日38歳ですけど。でも若い女子が2人もいるんすよ。どこから臭くなるんかいな。

    2歳まもなく4か月の上の子は会話がさらに成り立つようになり、「あかん!」とか言うんですよ・・・。あかんて、あんた・・・母さん関西弁パワーに負けそうです。

    下は明日で7か月。こっちはもう何をどうしたってかわいい盛りです。これも「あかん!」って言うんかい泣

    ( 13:41 )

  2. ざざ | -

    確かに

    難しいお年頃ですねえ、ホントに。(ため息)

    でも最近は、寝る前に、二人で将来の夢を語り合ったりとかしているみたいなので(笑える)母はただニヤニヤしながら見守っています。

    小さい子の方言ほどカワイイものはないでしょう!
    あかん!て(笑)。かわいいーーーー♡

    これからどんどん喋るようになると、賑やかになりますねー。関西弁で。

    ダンナさんもあと何年か後には娘さんたちにウザイと言われるかもしれませんが、諸先輩方の話を聞くと、どこの家でも必ず通る道だそうですので、安心して下さい。
    救いは「一時的なものだから」という言葉ですー。(自分に言い聞かせている?)


    ( 22:03 )

  3. ざざ | -

    >拍手カギコメ様へ♪

    おっしゃる通り、うちのムスメは鍵コメ様の少女時代と同様に、世界は自分中心に回っていると完全に思い込んでおります。それを今回はビシッと言ってやったわけですが、果たして上手くいったでしょうか。(神のみぞ知る)

    つい数ヶ月前までは手のひらの上でいい子いい子してたムスメの豹変ぶりに、もう着いていけませんわ(特に父親が)

    でも今後も機会あれば、奴の鼻っ柱をポキッと折って気づかせてやるつもりです。そうしないとどんな勘違い女になるか分かりませんからね!

    お恥ずかしい話ですが、今後もブログという日記に、正直にムスメの成長を綴ってゆきたいと思っております。

    また遊びにいらして下さい。
    ムスメがヤンキーの道を歩まぬよう、どうか暖かく見守っていて下さい。もし積み木崩し(古っ!)的な展開になりそうな時は助けて下さいね。

    コメントありがとうございました^^

    ( 20:20 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks