いやはや。タイトルは決して大げさではありませぬ。
私がこの12年信じてやってきたことが、ここに来てガタガタと崩れつつある。それも当の本人であるムスメによって。



自然育児というと、うわっ!ちょっと引くわーみたいに思う方がいるかもしれないが、なんてこたあない。うちのは堅苦しいものではなくて、本当にざっくりしたもの。けれど他に言葉が思いつかないのよ〜。(本当に自然育児をやっておられる方が聞いたら卒倒するわ)


例えばこんな感じ・・・・・


なるべく市販の菓子は食べない、農薬・添加物には一応気をつける(もちろんセシウムも)、テレビは見ない、ゲームもしない、薬は出来るだけ飲まない、合成洗剤は使わない、界面活性剤入りのシャンプーは使わない…etc。


でも、時々外食もするし、こっそり一緒にポテトチップスも食べるし、ビールは必要以上に飲んでるし(これは私か)、外で出された物は何でも美味しく頂くことにしているし、帰省すればテレビ見まくりだし、シャンプーだって実家にあるのを使わせてもらってる。
だいぶ「ゆるゆる」の自然流育児だ。(でもこれは子供が生まれる前からこういう生活だったので「育児」と言うのもおこがましい)


いえね、こないだムスメがドラッグストアに行きたいと言うので、連れてったんですよ。そこで何を買うのかと思ったら、なんとコンディショナー。パ◯テーンの。


おい!ムスメ。ちょっとこっち来い。(゜д゜メ)
うちは石けんシャンプーしか使わないんだよ。リンスはお酢!
アンタが生まれた時からそれしか使ってないんだよ。それがうちの法律なんだよ。何コンディショナーとか買おうとしてんの?「毛先までダメージを忘れた髪へ」を目指してんの?


そんな母を完全に無視して数ある種類のリップクリームコーナーへ。そこでまた座り込んで吟味している。


もしもし?ムスメさんよ? (`Д´)ゴゴゴ…
リップは私が厳選して選んで買っているロゴナのがあるだろうよ。合成の石油科学成分は一切使用してない天然成分配合のリップクリームなんだよ。金属アレルギーのアンタの唇がユーフォニウムをひと吹きしただけでアンジェリーナ・ジョリーばりに腫れ上がった時に、それが救ってくれたことをもう忘れたか。てかアンタの繊細な唇はそれ以外受け付けないっつーの!


…結果どうなったかというと、買いましたよ奴は。ええ。嬉々としてレジに持っていきました。もうね、私の言うことなんか聞いちゃいないですから。それに「自分の小遣いで買うんだからいいでしょ」と言われると「んごぐぐ」としか言えない。私はダメ母。んごぐぐ。



line08-1.gif



ティーンズ雑誌を読み、モデルさんに憧れ、彼女たちが使っている(と宣伝している)スキンケア製品を買う。


…絵に描いたような洗脳のされ方ですな。


それがダメとは言わない。私もムスメくらいの頃はセブンティーンを読み、聖子ちゃんカットにし、聖子ちゃんのメイクを真似たりしていたからね。(時代が分かる)


ただ、少し淋しい。
いつかはムスメも、わが家のやり方を理解してくれる時が来るとは思うけれど(それはきっとムスメが子供を産んでからだろうな)こういう家庭で育っても、やっぱり一度はあちら側に興味を持って行ってしまうのだな、と。


今ムスメは、初めて使う洒落たコンディショナーのボトルが浴室に置いてあるのを見てうっとりし、ニキビ予防の洗顔フォームで顔を洗い、寝グセ直しスプレーをこれでもかっつーぐらい頭に振りかけて身支度をする毎日を送っている。
逆三角食べが太らないからと、朝はちゃんと食べるが、夕飯は少量に抑えたりしている。
毎晩のウォーキングも、ムスメから誘ってくるようになった。
要は、急にオシャレに目覚めた(色気づいた)ということですな。


・・・あ”っ!!!これってもしかして好きな人ができたのでh……(これ以上は父親が卒倒するのであえて触れないでおく)



line08-1.gif




合成洗剤や添加物バリバリの家で育った私たちが、それらを排除した暮らしを望み、そのまた子どもがバリバリのものに魅かれてゆく…。


夫は「あいつはまだ考えが浅いから仕方ないよ」と言っている。
中学生が「無添加サイコー!」とか言ってたら逆におかしいだろう?と。
私もある意味そう思う。
無添加だけで生きていくことはできないし、そういう物を使うと自分の身体にどんな反応が出るか、知るのもいい経験だと思う。


今しみじみ思うのは、
単純に私の思うままにムスメを操れる期間て、このくらいだったんだなって。


でも、ムスメという人間が形成されるには十分な期間だった。
小さい頃はやっぱり遠ざけてあげたい物が多かった。
が、これからは、少しずつそういう物も触れさせていかなければならないのかも。


さくらさくらんぼ保育もそうだけど、大きくなれば他の保育で育った子と一見なんら変わりはない。
でも、その時期しかできないことをしてきた子は、きっと体のどこかで太い根っこが張っていて、大人になった時にそれが力を発揮するのだ。(と親は信じている)


だから、だいじょーぶだよね?ムスメ?


・・・とでも思わなきゃやってられないわっ!ホント!















関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. うなづく母 | -

    はげしく同感

    拝読させていただいているうちに「これは我が家のことか」と思うほど
    とても似たような育て方(ゆるふわ自然派)で
    とても似たようなあちら側への行き方で、笑っちゃいけないかもだけど笑ってしまいましたw

    友達の影響が大きいんですよね!
    うちの娘もミドルスクール(うちは海外住まいです)から途端に「ミーハーな女の子」に変身してしまい
    あれほど「あれは人間の食べるもんじゃねえ」と教えてきたマクドナルドのレシートや
    「色がついて冷たくて甘いだけのなんの栄養もないモノよ!」と教えてきた
    スターバックスのフラペチーノなどの画像が嬉々としてインスタグラムに投稿されているのを見ると
    ああ・・・ああああ・・・・わたしの今までの努力って・・・・(涙)って感じでもうガッカリ・・

    いまは「体によい」ものより「おしゃれなもの」「友達とおなじもの」に走ってしまうんでしょうね・・

    はやくこっちに戻ってこい、娘よ・・・・

    ( 01:21 )

  2. ざざ | -

    >うなづく母さんへ♪

    共感していただける方がいて、ううっ、光栄です(感涙)!

    ムスメはもう完全にあっち側に行こうとしています。
    最初はショックでしたが、もう諦めました(早!)
    首に縄つけておけるわけじゃなし、子と言えど別人格ですからね〜。
    あとは自己責任でよろしく!って感じですよもう(ヤケクソ)。

    母さんの娘さんのお姿は、未来のうちのムスメです。
    スタバで友達とダベリながらフラペチーノを飲むムスメの姿が容易に想像できますもん。
    おしゃれ >> 体にいい
    ・・・・・なるほど。

    あちら側の世界から、戻ってくる日は来るのでしょうか。
    あと何年くらい行ったままなのでしょうか。
    男は見た目じゃない、中身だ!と気づく日は来るのでしょうか。(なんの話だ!?)

    今朝も化学物質をこれでもかっつーぐらい体に振りかけて身支度をしていた娘が、エイリアンに見えました。
    嗚呼・・・・・・!

    でもどこも同じなんだと、少し安心できました。
    コメントありがとうございました^^

    ( 08:05 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks