先日、iPad miniを購入。(わが家はアップルの犬です)


そしたらムスメが
「じゃあこっち(元々あるiPad。青いほう)はもうウチのものにしていい!? 
 (๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!」


…は? 何を寝ぼけたことを。
それは私のだ。
条件付きで君に貸し出しているだけ。くれぐれも勘違いするなよ。


…とは言ったものの、あのiPad、実際は8割方ムスメのもの、というかムスメしか使用していない。(それに不便を感じて購入したという理由もあり)


iPadを使用するにあたって、ムスメといくつかの約束をした。


・使用するのは夜9時まで。9時になったらどちらかの親にiPadを返す。
・親の居るリビングで使用すること。
・SMSはしない。見知らぬ誰かとインターネットだけのやり取りはしない。
・自分の写真をどこへも絶対に送らない。
・休日はなるべくiPadを触らない時間をもつ。



・・・などなど。
ゆるい約束だと思う。ゆる過ぎるくらいだ。そうでないと続かないと思ったから。


しかし!こんな簡単な約束なのにムスメ、
全然守れてません。(怒)(怒)(怒)



pari12.jpg



ネットの怖さやウソや危険性については、口を酸っぱくして言ってきた。
なので、知らないサイトへ入り込んだり、不用意にプチッとしたりはしない子だ。
その辺はやけに警戒心が強いので信用しているのだが、問題は「時間」。


こちらが何も言わないと、夜9時になっても10時になっても一向に返しにこない。
自室に持ちこむなと言ってあるのに、勝手に2階に持ってってヘッドフォンで楽しんでいる。
もうおしまいの時間だよと催促すると「気がつかなかった」「時間が分からなかった」などと平気でのたまう。


そんな言い訳があるかと言うと、「友達はもっと長い時間やってる」「学校のみんなスマホ持ってる」「持ってないのウチだけ」「時間が短かすぎる」「今はこれで音楽を聴いたりE-girlsの映像見たりするのが唯一の楽しみなのにそれを奪うのか」「うちはテレビがないんだからせめて10時までにして欲しい」「休みの日は無制限にして欲しい」……


まー出てくる出てくる。際限のない要求。


だから使わせるのイヤだったんだ。制限つけても結局「もっともっと!」ってなるでしょう?


私はね、本当ならiPadなんて子どもに使わせたくないんだよ。
ものを調べるならgoogleに頼って欲しくないし、友達とメールするくらいなら顔を突き合わせ直に話をしてもらいたい。あんなものに時間を割くくらいなら、外へ出て、木や花や虫たちと触れあって欲しい。
あんなものに支配されるのはもったいない。輝かしい青春の大事な時間にこんなことばかりして欲しくないんだよ母は…と、言うと


「ママだってずっとパソコンやってんじゃん!どうして大人は時間制限ないわけ?どうして子どもにだけそうやって制限させるの?おかしいじゃない!」


ギャフン!ぐうの音も出ねえ…。


そのうちムスメの頭の中が「自分=好きなだけiPadもやらせてもらえない可哀相な人」となり、だんだんエキサイトしてきて

「ママなんてクソだ!クソ女だ!もうあおちゃん何も言うこと聞かないからねっ!!」



4b2537fa_convert_20140905180322.jpg



pari13.jpg



インターネットを使うな…というのは無理だ。
かといって、制限かけとけば安心♪ってものでもないような気がする。
大事なのは、子どもが自らきちんとしたリテラシーを持ってインターネットと繋がれること。


わが家の考え方としては、、、
デバイスなど使って何ぼのもんだと思っているので、パスコードロックはかけない。
フィルタリングも今のところかけていない。
(これについては今後夫と話し合っていく予定)
ネットの使い方については、普段から意識してムスメと話をするようにする。
あと矛盾するようだけど、少しくらい「痛い目」にあったほうがリテラシーも高くなるんでは…とも思っている。



あと少ししたら今度はスマホが欲しいと言い出すのが目に見えている。
子どもの欲求と親の葛藤。
悩みはつきませんなあ、本当に。









関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks