ウスネオイデスをあちこち移動させてると、どうしてもカス部分が増える。
引っかかってちぎれたり、ビニールタイから抜け落ちたり。
それを集めて育てて1本にする地味ーーな作業も何気に好き。



関連記事
スポンサーサイト

忘れるといけないので たまにはお城も載せておこう。
日没後、街のほうにそぞろ歩き(イタリア人みたいだね)した時に撮ったもの。






ic_mini01_sankaku01.gif 歩きながら、いつまでこの街にいるのだろうと思う。わが家がここに留まる理由はないし、そろそろ腰をあげる時期なんだろう。が今年は、オットの仕事の都合、そして何よりムスメの高校進学があってなかなか切り出せない。


ic_mini01_sankaku09.gif 市内の高校に進学する予定のムスメだが、大学は都内に行きたいと。うーむ…。私としては今後も東京に戻るつもりはない。ムスメも戻らせない。理由はもちろんアレなのだが、それを真っ向から言っても反発されるだけ。まぁしょーがないか。でもムスメがなんと言おうと母の考えは変わらない。それを今後も伝えていくつもり。


ic_mini01_sankaku10.gif 人間なので病気にもなるし、いずれは死ぬ。それはいいのだ。それでもなぜ私が未だに密に情報を集め、食物に気を使いながら生活しているかというと、私利私欲のために事実を隠蔽している一部の輩によって、楽しいはずの自分の人生を無茶苦茶にされたくないということと、子どもやその子どもたちへの責任があると考えているから。


ic_mini01_sankaku12.gif もちろん考え方は人それぞれ。諦めるという手もある。現に⚪︎⚪︎⚪︎区在住の友人は、5000Bq/kg出た時点でもう諦めたと言っていた。何を優先するかは人によって違う。命より仕事が大事という人もいるだろう。皆何かを諦め、苦渋の選択を迫られながら生きている。5年経ってからちょこちょこと「実は未だに…」ってな感じで知らされる事実に、私はとてつもなく不安になる。4号機の燃料プールが跡形も無くなっている事実。これが悪夢ならどんなにいいか。


ic_mini01_sankaku18.gif 今話題の愛国幼稚園の映像をみて、まるで戦前だなと思う。幼稚園児が同期の桜を合唱している。「教育勅語」や「五箇条の御誓文」も朗唱している。おいおい、マジか。どうなってるんだ。


ic_mini01_sankaku02.gif この安倍小学校国有地売却問題は、徹底的に追及して欲しい。少なくとも清水某さんの出家モンダイよりはるかに重要だ。あべさん、関与あれば総理やめるって言ってんだから。


関連記事

はらわたが煮えくり返るとはこのことだ。


米軍属暴行殺人 「彼女が悪かった」被告、弁護士に話す
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-444823.html


許せない。
性犯罪が起きるたび、被害者の女性にあたかも落ち度があったかのような論調がわき出てくるが、もううんざりだ。


暗い夜道を一人で歩いていようが
よしんばミニスカートをはいていようが
レイプしていい理由にはならない。


被害者は1ミリも悪くないし
罪は100% 性犯罪者のほうにある


私の考えは、以前「性犯罪について思うこと」に書いたとおり。



最近見かけた小林ギリ子さんという方のツイートが秀逸だったので紹介します。




そうなんだよな。
被害者に責任を押し付けるのはやめろ。
悪いのは性犯罪者であって、それを野放しにしているのが問題なんだ。
男の性欲とやらの一般論で語るのもいい加減やめろ。
大半の普通の男は、見ず知らずの女性を夜道で襲ったりしない。



A1.png
文字色


この沖縄の事件のケネス被告の次の言葉を どう捉えるか。

  ↓  ↓  ↓

日本の法制度では女性暴行は親告罪で、被害者による通報率も低いとして「逮捕されることについては全く心配していなかった」とした。(引用元:琉球新報


親告罪:被害者からの告訴がなければ起訴できない犯罪の種類をいう。



A1.png



レイプされ泣き寝入りした日本女性は、どれだけいるのか。
被害者に不利益が生じる恐れがあるのなら、不利益が生じないような制度にしたらいいではないか。
性被害者は、事件の時だけでなく、裁判でも、親近者からも、世間からも、社会からも、何度も何度も貶められるのだ。
なぜ被害者だけが こうも不利益を被るのだろう。
日本では、男の犯す性犯罪が、なぜこうも軽微な罪として扱われてるんだろう。


米軍属のこの被告は、そうしたこの国のやり方を知っていた。
逮捕などされるはずがない、と確信していた。
保身からの発言だとしても 許せない。
女性を傷つけ、沖縄を傷つけた。
私たちの娘を傷つけた。
同じ人間として見ておらず、彼女を、そして私たちを蔑むような発言は、本当に許せない。





関連記事

11月8日に作ったハンギングの現在の姿がこちら。





探したら、近いアングルの写真があった。
下は 作って2週間経った頃の同じモノ。
 

DSC06668_convert_20161121164757.jpg



さすがに朽ち果てている。( ̄Д ̄;;



カレックスとカルーナは、茶色化(けど死んではいない)。
黄葉のオレガノと、ワイヤープランツは完全に枯れてしまった感。
フリルのパンジーとビオラは、紫と白いのしか見当たらず。
赤系の花は 寒さに弱いのかしらん。
まぁでもこれは眠ってるだけで、春になればまたモリモリ咲き出すんだけどね。



DSC06922_convert_20170215173922.jpg



DSC06920_convert_20170215173841.jpg



夜はマイナス8℃くらいだが、日もだいぶ長くなったと実感する。
暖かい午前中に、少し水やりをし、花ガラを摘む。
咲き終わった花と、凍っているだけの花の区別もつくようになった。
今日は ラセンイを外に出して日光に思う存分あててあげた。



DSC06934_convert_20170215173957.jpg



庭をざっと見回すと、水仙の芽が出ていた。
これは 早咲きのものだ。
まだまだ寒いけど大丈夫かな〜。



関連記事

20数枚あるポストカードを飾りたくて、こちらのお店でCable Photo Holder(ケーブルフォトホルダー)なるものを買ってみた。





150cmのワイヤーにスチールの重りがついている。
小さなマグネットは強力で、難なくカードをはさめる。
取り付けてみた写真はこちら↓


FullSizeRender_convert_20170212212927.jpg


うーむ…。
フレームに入れて飾ったやつには確かに負けるが、コストを考えると十分ではないか。1本1100円ですし。
殺風景な壁が 急に賑やかになった。


FullSizeRender_2_convert_20170212212956.jpg


ポストカードはJVC(日本国際ボランティアセンター)で買ったもの。
カメラマンは、竹沢うるまさん、安田菜津紀さん、長倉洋海さん。
世界中の子どもたちの生き生きとした表情をとらえた素敵なカードたち。
狭い世界にとらわれず、いつもこの子たちのいる広い世界に想いを馳せていたい。
今なら南スーダン。
そういう意味で。



今年はミャンマーに行こう。(私とムスメの希望)
ムスメとエベレストBCに再チャレンジしたい。(修造の希望)→「うち、4000メートル以上の山には登らないから」と、ムスメにあっさりフラれる。ケケ。






関連記事