本当は週末にギョーザを作るつもりだった。
今日はもう旧暦だと1月4日だね。


日本では旧正月というけれど、アジア圏では春節といって盛大にお祝いをする。
中国ではギョーザは縁起の良いものとされているので、大晦日には 家族みんなでギョーザを包む。
日本も新暦の1月1日より、寒さも一段落しもうすぐ春!というこの時期に年明けのお祝いをしたらいいのにと思うのは私だけかな。


その昔、アジアを旅していた時、モンゴル→中国に入国しようとしたその日がたまたま 中国では「国慶節」という重要な祭日の連休中だったことがある。しかもその年は北京で「国際婦人会議」というのも開催されていて、そのおかげでとにかく大変な目にあった。


ふだんなら何ていうこともない入国手続きも、国慶節+婦人会議のため、どの旅行会社もインビテーション手続きに二の足を踏み、いっこうに進まない。なんせホテルの予約が取れない。宿泊先の予約がないと、中国のVISAがおりない。ということは、中国に入国できず、お祭りのほとぼりが冷めるまでモンゴルに足止めを食らうことになる……。
モンゴル滞在にも期限がある。
私たちには、時間も(余計な)お金もなかった。


その時の旅日記より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈9月某日〉
今日は今までの中で一番疲れた日だった。
中国大使館へ行きビザの申請をしたが、北京のホテルの予約がないとダメだとつっ返された。とにかく“歩き方”に出ているあらゆるトラベル会社に足を運んだ。ジャパン・エアチャーターは親切だったが、中国のホテルの予約は一度日本に連絡してからなので通信料で高くなるからと言われ…×。
モンゴル一大きいというズルチン社に行くが、Japaneseと言っただけでけんもホロロに断られ…×。
日本語の通じるJESや他もう一つの会社はtelがまったくつながらず(行くには遠い)…×。
たらい回しにされて、くたくたに疲れホテルに戻り(今日から1泊ツイン3000tgaの宿)最後の頼みの綱である、北京のJCB支店にtelし、ようやく一泊だけ予約できた。普通なら絶対に泊まらないであろう高級ホテルだが、背に腹はかえられぬ。うぐぐ。
ウランバートルホテル4階のChina AirでFaxを待つ。…が、来ない。

〈9月某日〉
JCBからのFaxが来ない!

〈9月某日〉
Faxが届かぬまま中国大使館へ。
事情を話すと、大使館宛てに送れというので、又ホテルに戻り、その手配をし、再度大使館へ。が、Faxの部屋に人が居なくtelが通じないという理由で最後尾に回された。結局最後の面会。が、

彼の返事は『NO!』

「3ヶ月」と言ったとたんにインビテーションがなければダメだと抜かす。がっくり。再びJCBにtel。招承旅行社の李さんを紹介してもらい、何度もtelし、Fax送る。
すでに北京へのtel代だけで180$以上。ホテルが110$。JACのゲルツアーに参加したと思えばいいじゃないかと言い聞かせながら耐える。そしてまたあてどもなくFaxを待つ日々…。

李さんからのFaxが届いた時には、飛び上がるほどうれしかった!
サービスセンターのお姉さんが気の毒がって「金はいいよ」と言ってくれた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



この李さんのおかげでインビテーションも取れ、無事ビザも発行してもらえた。
中国に入国して間もなく李さんの会社に出向き、直接料金をお支払いし丁寧にお礼を言った。李さんはとてもいい人だった。


中国では、嫌な目にも会ったし、ものすごいトイレも経験したし、現地の人とよくケンカしたりもしたけど、今思い出すのは親切にされたこととか、風呂で背中を流してくれたこととか、列車のチケットが買えず困っていた時に助けてもらったこととか、良い思い出ばかりだ。


今の中国は、どうなっているんだろう。


私たちが訪れた頃は、まだ共産主義の色が濃く生活レベルもまだまだの印象が強かった。が、近頃の中国の発展はめざましく、色々な意味でもうすぐ日本を追い越すだろう。(もう追い越されているかもしれないが)そうそう、私たちがついぞ行けなかった南極に、中国人旅行者が押し寄せているというニュースを今日見たっけ。


近くて遠い彼の国に思いを馳せながら、私は一人でギョーザを包む。


関連記事
スポンサーサイト




予約してたのは『10代の脳』とこだまさんの本。
その他は 10分でパパパッと手にとって買ってきた本。
装丁がカラフルだと、こういう人間が買うという見本。


タイトルに「アフリカ」という単語が入っていると考えずすぐ買う。
昆虫の本は 迷わず買う。
清水潔さんのノンフィクションは 家にムスメが買った同じものがあった。
ガビーン。


片栗粉を立て続けに3袋買ってきたり。
ヤバイな。認知症かなあたし。
(健診でASTが基準値超えだったので しばらく禁酒)





関連記事

急にパフェが食べたくなった人にせがまれ喫茶店へ。


tH0u8YyfS0wDJJ91517183056_1517183688_convert_20180129085603.png


2学期ほとんど登校しなかったせいで出席日数はギリギリ。
でも優しい先生方やお友達に助けられ、3学期は皆勤すると宣言した。


初めての子育ては、分からないことだらけで
たぶんいっぱい間違ってきたと思う。親として。
でもその度、答えを教えてくれたのはムスメだった。


自分の昔を振り返ってみる。
おじいちゃんが死んだ時、進路を決めた時、結婚する時。
ただ漫然と皆がしているからというのではなく、一度立ち止まってなぜ?と考えた。
自分のことは一つ一つちゃんと自分で考えて決めるんだと、思っていた。
なのに子どものこととなると、まるで彼女には意志などないかのように ついあれこれと口出ししてしまう。

「こうすれば間違いないから」
「あなたはこうするべきだ」

そんなのどこにも保証はないのにね。


ゆうべ観た映画『フットルース』で ハッとした台詞があった。


"If we don't start trusting our children,
how will they ever become trustworthy?"

hana3_c.gif
(我々が子どもを信じて自由にさせてあげなければ、
彼らはどうして信頼に値する人間になれるだろうか?)


「不登校」の子が親に突きつけたものは、なんだったんだろう。
子どもに現れる数々の症状は、何を訴えていたんだろう。
今や36人に1人が不登校であるという。
それはいったい何を示しているのか。



さんざん悩んで私なりに出した結論はこうだ。


これは、子ども個々の問題ではなく、学校教育だけの問題でもなく
その枠を超えた社会全体の問題だということ。


経済の成長を最大の目的にした社会が、システムに馴化し己の身を呈して働く労働者を欲する企業を生み、企業に奉仕するためのロボットを生産する場が学校教育になっているということ。


こうした非人間的な学校教育に、登校拒否の子どもたちは危険を察し「NO」と言っているのではないか。
(子ども自身は明確に学校教育にアンチテーゼをもってやっているという意識はないと思うが)


hana3_c.gif
だから学校が終わればこの問題は終わるわけでは、決してない。
社会を変えない限り、永遠に続くのだ。
過労死は、その最悪の結果だと私は思う。


そう、みんな「つながっている」。


私自身この「システムの価値観」にどっぷり浸かっていたんだなと、ムスメは気づかせてくれた。
が、この価値観を変えることは容易ではないのも事実。
子どもがまた学校に行き始めたことにホッとしている自分がいることが、何よりの証拠だ。





子どもが幸せでない国は、必ずその国の政治(社会)に問題がある。
戦いはこれからも続くのです。





関連記事

今日一日中見ていた風景……。
2年ぶりに仕事を休んだ。
体調不良で。





とにかくだるくて起き上がれない。
頭とひざ、ひじが痛い。リンパの腫れ。
明らかに何らかのウイルスが私の身体を蝕んでいる。
でも、熱はないんだな、これが。
インフルエンザも調べたが(ー)。


午後からは雪がしんしんと。
22センチ積もったらしい。
ムスメが雪かきしてくれたけれど、修造が帰ってくる頃にはさらに積もっていて、かいた形跡もなくなっていた。


修造といえば、佐久からの帰り道、長野道で事故のため
更埴インター手前で 3時間ほど通行止めを食らってしまった。
昼をたまたま仕事先の人と外食したおかげで、持っていった弁当が残っていたので、それを食べながらのんびり車内で過ごせたらしい。
良かった。あの人、空腹になると凶暴化するからな。



juQI4lBHEwaSR831516639774_1516639875_convert_20180123015155.png


いつの間にかムスメが金髪になっていた。
正確にはアッシュグレーなんだとか。→今はもっと金に近いです
その日からあだ名が外人に。


ムスメのことについては おいおいまとめて書こうと思う。
去年は大変だった。
私の10円ハゲは この人が原因。
いろいろあるわな。
本当、人生いろいろある。





関連記事

完璧に夕飯の支度してから(文句は言わせぬ)落語会へGO。
自転車でちょうどいい距離。
寒くなくて助かった。
髄笑寺(ほねのずいまでわらうてら)=瑞松寺へ。






演目はこちら↓↓


柳亭市弥   「元犬」
柳家甚語楼  「猫と金魚」
柳亭市弥   「試し酒」
ーーーーーー中入りーーーーー
柳家甚語楼  「火事息子」      (違ってたらごめんなさい



柳亭市弥さんは、写真でみた通りオトコマエの方。
犬に似ているとよく言われるとか。それも洋犬。
私的にはジェット・リーにそっくりだと思います。


五升のお酒をぐびぐびいってる姿は、さすがの一言。
なんかね、本当に扇子が盃に見えるんですよ。
そして本当に、市弥さんが下男久造に見える瞬間が多々あった。
噺家さんて名優だなぁと思うのは、こんな時です。
帰ってから私もグイグイいったのは 言うまでもありません。



柳家甚語楼師匠は、マクラからして笑わせてくれました。
クリーニング屋さんの話は、ツボに入ってしまった。(今でも思い出すと笑える)


そして『猫と金魚』ですよ!!すごいっ!!
こんなに笑った猫と金魚は初めてじゃないか。
もっかい聴きたいわあ。いや何十回でも聴けるわ、あれなら。
また師匠が来松したら 徹夜明けでもぜったい行くーーー!


……という思いが通じたのか、色紙が当たった!



IMG_0759_convert_20180115224216.jpg



松本落語会、さいこうです。
これからもずっと落語が好き。

お客さんに全盲のかたもいらしてたのだが、存分に楽しんでおられた。
そういうところも 落語っていいなと思うんだ。


24時間落語が聞けるイベント、ないかなぁ。
落語フェス。


野外で…は大変だから、ドームみたいなところで、屋台もあって飲食自由でさ。
入れ代わり立ち代わり噺家さんが来るの〜。
着付けのコーナーとか、扇子や手ぬぐいやCD販売とか。
というか、チケットを扇子にする!それを持っていれば出入り自由!
落語を解説するおじさんがいたり、疲れたら座布団が要るよね。
客席も座布団。噺家さんごとに座布団を返すの。客もww


そんな楽しそうなのあったら有給とってぜったい行くよねっ!!!




関連記事