この畑、手入れしてんのか?と思われても仕方ない。
写真でみると こりゃひどい。
これでも2時間ほど手入れした後の状態なんだが。





引いて撮ったのはこれ。

IMG_1128_convert_20180603223010.jpg


…あまり変わらねえ。
パクチーの草丈がけっこうあるのよね。
しかも多い(苦笑)。
イネ科の草もすごいので、全体でみると「放置畑」。


雑草の上だけ揃えて刈るかなー。一応気ィ使ってんですよというアピールのため。


IMG_1125_convert_20180603222739.jpg


今日やったこと覚え書き
・モロヘイヤの播種
・ごせき晩生小松菜の播種
・人参の間引き
・自家製堆肥の追加





関連記事

曇ってはいるが紫外線は強烈なのでお気をつけ下さい、とラジオの人が言っていた。長袖で作業していると途端に暑くなる陽気。2日行かなかったら、畝がからっからだった。
市場で手に入れたローズマリー





マリーゴールドも4株買ってきた。
トマト、きゅうり、ナス、葉ものの隣りに植えた。
ナスの種が切れていたので、今年は苗を購入。
ロッサ・ビアンコというイタリア伝統品種のナス。


IMG_E1116_convert_20180530003223.jpg


『水はしっかり与え、ワラなどで蒸発を防ぐ』
とポップに書いてあったが、ワラがないので、その辺の抜いた草を根元に置いといた。初めて育てる野菜は楽しみがあって良い。


IMG_1113_convert_20180530003238.jpg


こうしてみると、畝のわきの雑草が畝を覆い隠す勢いだ。
日よけと、乾燥を防ぐ目的であえてそのままにしてるんだが、側から見たら手入れの不十分な畑み見えるかもしれない。
ま、不十分なんだけどね。





関連記事

私、代休。
修造(夫)も代休。
平日に2人一緒の休みなんて珍しい。特にどうということもないけど。


前日の雨とはうって変わっていいお天気。24℃。
洗濯機を2回まわす。
所用で高校に行くついでに、古本・紙類をダンボール1箱分処分する。
その足で畑へ。


キュウリの芽は出そろった。
モロッコいんげんも無事発芽。
まだ発芽してないのは、伏見甘長トウガラシのみ。


家に戻り、ハンギングに水やり。
鉢植えも合わせると、全部で10コなので、けっこう大変。
プチキュー(緑のカーテン用に植えた極小キュウリ)も水が不足しないように気を配る。


合い間に修造が天ぷらうどんを作ってくれた。
野菜は自家製。
超おいしいーーーー!!!





修造は週刊金曜日のスキャニングなど。
その後、自転車でどこかへ。
B型なので、お互い一人の時間を大事にしたいタイプ(笑)。


私は大掃除と、その勢いでコタツも片付けた。
がらんとした8畳間に、10年以上前に譲ってもらった1枚板(約3メートル)のテーブルを置く。ヨギボーも置く。
無印の“人をダメにするソファ”は、ビーズがへたってしまったので、ニトリでひと回り小さいカバーを買ってきて中身を詰め替えた。ちょうどいいサイズ。
急に和室が夏仕様になった。


夜は新歓コンパから戻ったムスメと一緒に衣替え。
今年は家の断熱を強化したせいで、分厚い毛糸の靴下の出番はなかったなあ。
ウールから麻へ。
衣装ケースの中が明るい色々になった。



平日の休みって、土日の休みと違い充実した感じがするのはなんでだろう??
まったくPCに触らない日ってのいいね。
明日からまた仕事だー。
でも夜は楽しい予定もあり♪






関連記事




14日にまいたタネから もういくつか発芽していた。
まずは赤花絹さやエンドウ

IMG_1077_convert_20180520211804.jpg


そして神田四葉胡瓜

IMG_1078_convert_20180520211818.jpg


胡瓜は2種類まいたのだが、ときわ地這のほうはまだ発芽していなかった。
これ、日照が原因かなあ。
矢車菊とパクチーの草丈が70cmくらいになっていて ちょうどときわ地這のあたりが日陰になっている。そこまで考えなかった。風よけになって土が乾かないからちょうどいいやくらいに考えていた。


IMG_1079_convert_20180520211832.jpg



畑をやりながら つい色々考え込んでしまう。
何だかとてもイヤな予感がする。
そしてこういう予感は大抵当たる。(安倍政権になってから特にそう)
今私がやってるこういう野良仕事も いずれ出来なくなる日が来るかもしれない。
なぜかは次の記事に改めて書く。






関連記事

この3連休でかなりの量の本を捨てた。
今日は漫画を中心にこれだけ。




本を捨てるなんて、今までの私なら考えられなかった。
ま、捨てるといってもリサイクルだけど。


なぜ急に捨てる気になったかというと、オードリーの若林さんの話を知ってから。
彼は読んだ本は売らずに捨てる派で、その理由というが
「作家さんにお金が入らないから」


ああ、そういう考え方もあるんだーと。
確かに、好きな作家さんの本は売れて欲しい。
古本でなく、ちゃんと本屋さんで買って欲しい。
古本屋でたまたま手にとってファンになるケースもあるという意見もあるが、レアだろう。


これからもどんどん本は処分する。
そしてまた新しい本をどんどん買う。
なんども同じ本を買ったっていい。(実際買っている)
捨てる喜びは、買える喜び。
考えをちょっと変えただけで すいぶんと気が楽になった。



本の断捨離のほかに、この連休でやったことといえば、ドラマ『コード・ブルー』をひたすら見続けたこと。
ERのあの緊張感とワクワク感。脚本がいいのか、内容もなかなか。
ツッコミどころ満載のブ◯ック◯アンより格段に良い。




関連記事