久しぶりにウスネオイデスの様子をば。
極寒地のウスネさんです。
頑張ってます…と言いたいところだが、最近どうも元気がない。


理由は、慢心。私の…。
これを育てて今年で7年目になるが、初めて枯らしかけている。






写真を見れば分かると思うが、ところどころ茶色くなっている。
もっさりと束になっている真ん中のほうは、ほとんど茶色化している。つまり、枯れちゃっているのだ。


原因は、明らかに水不足
冬は水やりを控えめにと言っても、あまりにも控えすぎた。


これまでは、休みの日が雨ならマメに外に出してやったり、夜は風呂場に移動させて湿気を与えていたりした。が、今年の冬は、ほとんど移動させていない。
心に余裕がなかったせいか、ウスネオイデスまで気が回らなかった。
毎日見ては、ああ、そろそろ霧吹きでもしないと…と思うのだが、霧吹きが壊れていたせいもあり、ついつい後回しにしていた。
で、案の定、細いやつから枯れてきた。


慌ててHCに走り、360度どこからでも吹けるという大容量の霧吹きを買ってきた。
家の中は、かなり乾燥している。
霧吹きで水をやっても、10分もすれば乾いている。
なので、ここ最近は、1日おきに一緒にお風呂にも入っている。←湯船につかるとかじゃないですよ。


ウスネの育成には自信をもっていたのが、このザマだ。
手がかからないのと、手をかけないのとは、まったく違う。
植物だって生きている。


枯れた部分をこまめにカットして、再度束ね直す…という作業もちまちまやっている。枯れた部分が元どおりになることはまずないので、こうするしかない。暖かくなればきっとまた増えてくれるさ。そう、暖かくなれば……。



FullSizeRender_3_convert_20170211222429.jpg


関連記事

ムスメの風邪はそれ以上ひどくならず、徐々に回復に向かっている。
昨日は1時間だけ有給をもらって早退した。
(普通に働いていれば定時では絶対に帰れないので、1時間ぽっちの時間休が実質3、4時間の意味を持つ)


子どもが具合が悪い時にそばにいてやれないのが切ない。
……なーんて、これっぽっちも思ってないことを言うのはやめよう。
仕事より子どもが大事。
そんなの決まってるわ。
休むわ。


今回のことで、LINEというアプリがものすごく使える、ということが分かった。

ムスメの具合しだいで、私と修造のどちらかが仕事を切り上げて病院に連れて行くなり看病するなりしなければいけない、というケース。

家族3人でグループを作っておけば、ムスメからの状態報告を、二人同時に把握できる。
…って、これ何気にすごいことだよね。

日常的にLINEを使っている人からすれば今更何言ってんのという感じだろうが、遅ればせながらその便利さにオバさん気づきました。

ま、こないだ若者たちと飲み会の場所を決めるのに、最初はメッセージでやりとりしていたのだが、うち一人が「面倒なのでLINE にしましょう!」と言い、さくっと5秒でグループを作ってくれ、ちょちょちょ…(汗)と言っている私を尻目にどんどん会話が進み、非常に簡素なやりとりで無事場所も決定した、ということもあったからねえ。
あん時は彼女が神に見えたわ。


ただ私は、まだ全然LINEとやらの仕組みを理解してない。
アプリを入れたとたんに、「あんた誰?」という人たちがどっひゃーと「知り合いかも?」という欄に入ってきて、あわわわとなってるし。
未だにどこの誰かも分からない人たちが宙に浮いた状態になってるし。
名を名乗れ!って思ってます。ニックネームじゃ分からん。


こういうコワイ部分もあるので、気をつけながら便利に使っていこう。




関連記事

信州の家はなんでこんなに寒いのだろう。
ビールは 冷蔵庫から出したものより、廊下に置いてあったものの方が明らかに冷えている。
冬場は、葉物野菜は1階の廊下にストックしている。外だと冷えすぎて「凍みて」しまうし、タヌキなどに食い荒らされる心配がある。そういう意味では、廊下は絶好の冷蔵庫だ。悲しいけど。






大量にあった干し柿は、ざるごと階段の踊り場に置いといたところ、ここを通る人がその度につまんで行くので残りわずかとなった。そういや長野県の人は皆、干し柿が異様に好きだよね。試しに職場の休憩所に持っていって置いといたら、あっという間になくなっていた。


そうそう、若い人に「踊り場」と言って通じなかった…という話を聞いたけれど、今は写メも死語になってるそうだ。写メはインスタ、メールはLINE。ファミコンてなんの略だろうね…って、小学生らが話してたとか。

今はもうこれを見て何のマークか分からない人がいるらしい。ほんとかよ。

28860_01_convert_20170207091744.jpg

そういえば何年か前に後輩に「これ何スか?」と聞かれたことがあった。

2014-ac-22-01_convert_20170207091755.png

なんか自分が時代の生き証人みたいに思えてきた。
カセットテープにエアチェックとか、A面をB面にひっくり返す、とか、鉛筆でテープをくるくる巻き直す、とか、若い人が見たらびっくりするだろう。
うちに死ぬほどあるジャズのレコードを これどうやって音出すの?とムスメが不思議そうに見てたもんなぁ。


かと思うと逆に、年寄りでもそうそう使わない言葉を若者が「あえて」使っているケースもある。私の周りだけだけど(^^)

大げさに驚いてみせる時によく使うのが
「うそずら〜?」
というやつ。

例)上司「今月は人いないから、休みはないと思ってください」
  我々「うそずら〜!」


「ずら」に関しては可愛くもないけど口に出した途端一気に怒りが収まるので、すたれないで残って欲しい方言の一つだなと思います。山梨県の人、頑張って下さい。








………などとバカなことを書いてたら昼過ぎ学校から呼び出しが。
ムスメが微熱!? 大事をとってお迎えに来てください、とな。
元気は元気だったが、今、だるいと言って寝ている。
明日、どうなるか。
まさに「うそずら!?」であるが、なんとか切り抜けられますように!






関連記事

朝からみぞれが降っていた。寒い。


昨夜、発作的に『ポンヌフ』のパンが食べたくなり、朝一で買いに行く。
いろいろなパン屋さんを回ったけれど、やっぱり一番美味しいのはここだと思う。
次が西堀通りにある『サパンジ』、そして『フィドル』かなぁ。
ハード系のパンが好きなので こういうラインナップになるけれど、どこも本当に美味しい。
今日初めて食べたごぼうとゴマのパン(ポンヌフ)、メチャクチャ美味しかった!
「やっぱ格が違うなぁ」と修造。






昨日のうちに庭仕事を少しやっておいてよかった。
チェリーセージの枯れ枝を伐採し、ルリ玉アザミの種を採ってフェンス沿いにまく。
運が良ければ夏に発芽してくれるかもしれない。
ルリ玉アザミはこぼれ種でどんどん増えるし、丈もあるのでちょうどいい目隠しになってくれるはず。


こう寒いとコンポスト内は遅々として発酵が進まないけれど、米ぬかはどんどん出るので、とりあえず投入するしかない。
それでも、米ぬかで少し温度が上がるのか、少ーしずつだが分解はしているようだ。



DSC06906_convert_20170205233207.jpg
お食事中の人すいません。でも生ゴミとは分からないくらいは変化している



図書館へ予約資料を取りにいく。その足で本屋に予約していた本を受け取りに。
「パパがいると気が散る」とムスメが言うので(なぜだ?)オットを連れ出す。
LOFTでムスメの部屋で使う配線タップと、ずっと欲しかったシリシリ器を買う。
素敵なポストカードが手に入ったので飾りたいが、カーテンワイヤーと固定具を探すがいいのが見つからず。


丸善にいると、つい時間を忘れてしまう。
読んでない本が山ほどあるのに、またひと抱え分、本を買ってしまう。
修造は、文房具を2、3買っただけでお会計へ。
本屋に来て本を買わずに出れるなんて ほんと尊敬する。


午後は、年賀状と書類の整理。
修造は、大きな一枚板のカット(テーブルにするため)、私は読書。
ウスネオイデス始め、室内の植物の世話。シーツの洗濯。ネットでの細かい買い物。
…を済ませたら、あっという間にマジックアワー。


外はしんしんと雨が降っている。
ムスメと一緖に 泡風呂に入る。
将来の夢など語り合いながら 女同士の楽しく充実した時間。。。
3連休、終了なり。





関連記事

ようやく地面の雪が溶けて、久しぶりに風が穏やかな晴天の土曜日。
ポケットガイガーで色んなところを測ってみた。


まずは、雨どいの水の出口になっている場所。
雨水が地面に浸透するようになっているので、高いとしたらここかなと。



結果は、0.12μSv/h
やや高めだけど、こんなもんか。


次は、雨水タンクの手前のフィルター。
ゴミやホコリも入るので高いかもしれない。

DSC06902_convert_20170204223031.jpg

結果は 0.11μSv/h
こちらもあまり変わらなかった。ホッ。


お次は、問題の車。

高い数値が出るというワイパー根元の側溝0.11μSv/hだった。(写真なし)


次はドキドキのラジェター部分

DSC06900_convert_20170204224710.jpg

0.09μSv/h
あれ? ふつう…かな? 家の中と同じだ。


エアーエレメントは。

DSC06901_convert_20170204225008.jpg

0.10μSv/h
うーむ…。


次は、かなり汚れていたエアコンのエアーフィルター

DSC06903_convert_20170204225211.jpg

0.09μSv/h



車をざざっと一通り測ってみて、特に心配するような値は出なかった。
これで安心してムスメも乗せられる。



line_wafu01_212.png



今日一日いろいろな箇所で測定してみて分かったのは、分からないというのが一番不安だったんだ、ってこと。
それがたとえ危険な値だったとしても、ちゃんと受け止められたと思う。
相手が目に見えないものだけに、不気味で、コワイ。
分からない、知らされないというのは、危険値が出ることよりある意味恐ろしい。


国や自治体の公表するデータを信用しないわけではないけれど、私たちが知りたいのは、子どもの目の高さや人が行き来するところ、赤ちゃんも遊ぶ砂場や自宅の庭や落葉樹の下など生活と密接する場所の正確なデータであって、誰も行かないようなどこかの建物の屋上のデータではない、ということ。


これからずっと、私たちの生活と放射線は切っても切り離せない状態が続くのだ。
口に入れるモノに気を使うように、空間線量にも気を使いながら生きていくしかない。
天気予報をみて、線量を予測してあるいは測って、その日の行動を決める。
悲しいかな、もうそういう世界に 私たちは居るのだ。



line_wafu01_212.png




東京オリンピックにかこつけて、テロ防止を理由にむりやり共謀罪成立に持っていきたい方々へ。


外国の皆様に安心して来ていただくためにすることは、共謀罪の成立なんかではないでしょう。
それより外国の人たちは、福島原発2号機に穴が開いていて毎時530シーベルトの放射線が測定されているというのに、オリンピックの会場として本当に日本は安全なのかということが知りたいのではないでしょうかねぇ。
人間が数十秒で死ぬレベルですってよ。
そういうの全部隠さず、事実だけをシェアするのが本当の「おもてなし」なのでは?




余談ですが、わが家では恵方巻きは食べませんでした。
恵方巻きの由来が、大阪の花街で旦那衆が遊女に巻き寿司を丸かぶりさせて楽しんでいた…というのを聞いて、さもありなんと思ったのが理由。
豆まきはしましたよ♪
歳の数だけちゃんと29個食べました!  ←おいっ





関連記事