まずは年末セールで買ったチランジアから。
イオナンタ、ブラキカウロス・アブディダ他。





これらは今のところ元気でいる。
水のやりすぎで枯らした例が結構あるらしいので、気をつけよう。


DSC08337_convert_20180115210714.jpg


同じ店で衝動買いした針金ハンガー。


増えすぎているウスネオイデスを吊るそうと買ってはみたものの、これが大失敗だった。
「なんかちゃっちいなー」とは思っていたが、やはり強度に問題があり、ウスネオイデスの重みで針金がクニャ〜っと曲がってしまうのだ。


IMG_0755_convert_20180115222144.jpg


もう片方のハンガーは、作りも頑丈で全く問題ない。
やはり4,104円と2,000円の差はでかかった。
(写真手前が安っいほう)


それでも何とか、ウスネを重いのと比較的軽いのに分けて、軽いのを安いハンガーに吊るしてみた。
水をやった時に一挙に重くなるので、その時だけは注意が必要だが
今のところこれでしのげてはいる。
でも早急に何とかせねば。


IMG_0752_convert_20180115221817.jpg


そんな苦労をよそに、ウスネオイデスは、本当に元気。


3日に1回の水やりと乾燥、日中はマメに外に出してやること。
これで調子は良いようだ。
冬だというのに、成長しているからね。信じられないが。


どんどん増えているウスネオイデスを見ながら家の者たちが言う。
「これの到達点は、どこ?」
「もっとおしゃれに飾れないの?」


肩身の狭い思いをしながら、今日もせっせとハンガーを移動させる私。







関連記事

雪が降らない。
例年だとこの時期すでに気温は−10℃でもおかしくないが、今年はまだ−6℃前後。
外出着も まだ最強の装備はせずに済んでいる。
ということは、暖かい…のかな?





ムスメが生まれた年に買った電動自転車のバッテリーの寿命が尽きそうで
これを機に買い替えた。
YAMAHAのPAS minä。
ツヤ消しのシルキーブルーが可愛い。


古い自転車は、16年間乗った。
最初の頃は ほぼ毎日。
前に子乗せを付けて、1歳にもならないムスメを乗せて、新宿〜池袋界隈はどこへでもこれで行った。


自宅→保育園→職場→保育園→自宅


雨の日も 風の日も
ムスメと一緒に 毎日5キロは走っていたんだよなあ。
坂のある道を。


愛着のある自転車を捨てる日はまた泣いてしまうかもしれない。
こうやって1個ずつ、思い出になっていくんだろうけど。


IMG_0747_convert_20180114205025.jpg


6冊同時借り。
インプット熱がおさまらない。
庭いじりもできないし、(チューリップの球根が植わっている花壇に水やりをするくらい)、畑もお休みだし、この時期はこたつでじっとしてろ、ということだろう。
うまい具合に、知識欲も最高潮だし。
とにかく活字に飢えている今日この頃。



今年は職場も、大幅な改変を控えている。
人員は減らされ、残業は増える見込み。
忙しい時こそ 深呼吸して落ち着いて取り組むこと。
弁当が食べられなくても トイレは我慢しないこと。
業務改善を ともに進めていける仲間を作る。
楽しいお酒が飲める人とだけ付き合う。
人に優しく、誰にでも思いやった声をかけられる
そんなオバさんに わたしはなりたい。







関連記事

IMG_0714_convert_20180106105748.jpg


明日は「松集め」。
お正月の松飾りの針金などをとりのぞき、玄関前に置いておきます。
地区の子どもたちが1軒1軒それらを集めて回るのです。
松集めに出しちゃう前に 正月飾りをふざけてかぶるムスメの図。





三が日には、四柱神社にお詣りに。
必ずおみくじを引くのはムスメ。
今年は『吉』。
病は「思わず早くなおる」…良かったね。


PnZzwLgh8ZqYslG1515146260_1515146657_convert_20180105190538.png



冬休み真っ最中だが、休み明けに中間考査を控えているので
ただいま 猛勉強中。
ガンバレ、よ!






関連記事

ブクログによると
去年1年間で私が読んだ作品は57(少な!)
内訳は 本が29冊
    マンガが15冊
    映画が6本


57作品の中から選んだ2017年ベストブックはこれ↓





もう読み始めた時から「これが今年のベストブックになる」という予感があった。
それほどまでに衝撃を受けた。


「人はそれぞれ」「みんな違う」んだから
それを前提に 他人がとやかく言う必要もないんじゃないか。
いろんな夫婦の形があってしかるべきだし、あっていいんだよ、と。
この本は教えてくれた気がする。


誰かのツイートで
 日本の学校「差別はいけません。みんな同じ人間なのです」
 インター「差別はいけません。みんな違う人間なのです」

同じこと言うのに、アプローチがぜんぜん違う、と。
なーると思った。


不倫にしろ、童貞にしろ、ブスにしろ
他人のことなんだから ほっとく、又はそっと見守るでいいじゃないか。
困ってる他人には手を差し伸べてあげて、そうでない人にはとやかく言わない。
どの人生が正しいなんて、ありはしないのだから。



            m-styl77.gif


そのほかに★5つを付けたものを紹介しておく。
       
       ↓↓↓




著者 : 植本一子
タバブックス
発売日 : 2016-02-05









著者 : 伊藤詩織
文藝春秋
発売日 : 2017-10-18



著者 : 林木林
小さい書房
発売日 : 2014-11-26









関連記事

大晦日。
通りは車も少なく、みんなお正月の準備真っ最中かしらん。
ここは、都会に出た人たちが 帰ってくるところだから。





私は 明日も明後日も仕事。
クリスマスもお正月も関係ない
家族と一緒に過ごせない子らと共にいよう。


IMG_0699_convert_20171231211942.jpg


今の政権は、か弱き人たちをさらに追いつめ
彼らから 暖かい毛布と屋根のある家を奪うだろう。


そうならないために これからもずっと
私はしっかりと目を開けて周りを見ていよう。
なぜ日本のマスコミが これだけ執拗に相撲界のニュースを流し続けるのか
もっと重大な解決されていない問題が 山ほどあるはずなのに
なぜそれが あからさまに隠されるのか。


私たち日本人は 鏡で自分の顔を覗いてみる必要がある。
貴乃花の処分が そんなに気になるのか。
芸能人の不倫が そんなに重要なことなのか。
中国や北朝鮮の政治腐敗を笑っておいて 自分のところは一流のつもりか。


子どもや 老人や 低所得者や 障碍者が幸せでない国は
必ずその国の政府に問題があるのだ。


来年こそ いい年にしましょう。
よいお年を。






 
関連記事