観光ぽいことも書いておこう。
ヤンゴンで唯一行ったのが、シュエダゴォン・パヤー




ここはムスメの解説で回った。
なんでも乃木坂48のナントカ飛鳥ちゃんという子がミャンマーの血を引くハーフであるらしく、ロケでここも訪れたとか。
バラエティーから得た、にわか知識。
「ここからは靴を脱ぐ!」とか「自分の生まれ曜日が大切なんだよ!」とか「ママ自分の曜日も知らないのっ⁉︎ ミャンマーに来てるのにっ⁉︎ 信じらんなーい!」とか。
タメにはなるけど 少々うるさい。


DSC07783_convert_20170823043544.jpg


自分の曜日である「木曜日」の守護神にお参りするムスメ。(手前)
年齢+1の数だけ水をかける。
ムスメが水をかけ始めたら、遠慮して遠巻きに見ていた外国人旅行者も同じようにやりだした。


ミャンマーの伝統歴は「八曜日」であり、ミャンマーの人にとっては、何日に生まれたかより何曜日に生まれたかのほうが重要なのだ。
曜日によって、性格や人生、相性なども決まるという。
結婚もこれに左右されるのかな、もしかして。


ちなみに私の曜日は「金曜日」。「方角は「北」、星は「金星」。動物は「もぐら」。……もぐらかい!


DSC07760_convert_20170823043645.jpg


湖畔に沿う高級ホテルもいいけれど、やっぱり私はこんな庶民が暮らしている通り沿いの宿がいいかなぁ。


DSC07834_convert_20170823050827.jpg


ちなみにこれが地元の人も行く、ミャンマーの普通の食堂のメニュー。


おかずは出来ているので、ケースに入っているものを指差して選ぶ。
めしのはんだや(注:仙台人のソウルフード)を彷彿とさせるシステム。
これなら安心だねっ。
得体の知れないものについては、これは何であるか?と尋ねれば、親切なミャンマー人が超聞き取りにくい英語で教えてくれます。


カレー(主食)とサブジ(←インドか)を1品ずつ選ぶ。
3人で6品選んで、これが全部当たり!
てか、ミャンマー美味しい!
イギリス統治だったから期待してなかったけどレベル高いよ、うん。
でも大体辛いから要注意〜。
(インゲンだと思って食べたらトウガラシで火ィ吹いた)




関連記事

ミャンマーみやげは、これだけ。
成田から実家に寄りながら帰ってきたので、そこでカワイイお土産は渡してしまった。漆器のミニ小物入れとか。




右上のはビルマ語のTシャツとコットンのパンツ。
修造が、旅に出ると現地語のTシャツを必ず買うのだ。
ビルマ語は、丸っこくて、まるで視力検査のランドルト環のよう。とてもカワイイ。でもまったく(勘でも)読めない。


お菓子類は職場用に。
ボージョーアウンサンマーケットがなんと!クローズだったので、仕方なく向かいのおしゃれなデパートで買い物をした。個包装になっており、味もなかなか、だった。好評だったのでホッ。


左下の漆器のお盆は、バガンの寺院の土産物屋で。
家に帰って、鍵とかケータイとかをドサドサっと置くのに使っている、修造が。
うちは実用品しか買わない(笑)。


Royalと書いてあるのは、ミャンマーティー。
これは旅の思い出に。
美味しいし、飲むたび、ミャンマーを思い出すの。




機内泊で帰国した日に法事の用事を入れたため、極度の疲労で全員ダウン。
私だけは次の日から仕事だったので、気合で出勤した。


ムスメが、旅行中に私が罹患した咽頭炎がうつったのか、高熱を出してなんと入院。
ミャンマー帰りだと言ったらかかりつけ医に、検査センターのある大きな病院に行ったほうがいいと言われ、救急で診てもらった。結局ただの咽頭炎だったけれど、食べられないし、炎症反応が高いので入院をすすめられて今に至る。
今はもう回復に向かっているので、心配はないけれど、大変だったわぁ。
このスケジュールを組んだ修造に◯意を抱いた。
来年は、私が段取りをする!





関連記事

ミャンマー初旅行。
初めての国はいいな。ワックワクすっぞ。





直航便にて成田→ヤンゴン2泊→国内便→バガン3泊→ヤンゴン経由で成田着。

ヤンゴンのカンドジーパレスホテル(The Kandawgyi Palace Hotel)の植栽が素晴らしかったので 今日はそれのみを紹介する。
そんなヤツ誰もいねえだろ。


DSC07742_convert_20170819221031.jpg

ホテルの部屋のバルコニーからカンドージ湖を眺めたところ。


DSC07797_convert_20170819221111.jpg

中庭。
庭師が毎日手入れをしているので 下草までキレイ。


DSC07799_convert_20170819221133.jpg

雨季のせいでもないだろうが、植物がみな生き生きしている。ぜんぶ大株。
配置もいい。このガーデンをデザインした人天才。はらたいらに3000点。


DSC07803_convert_20170819221149.jpg

私が結構気に入ったグリーン。
ここはプールサイドのバー。
寄るとこんな感じ↓


DSC07805_convert_20170819223652.jpg


これ1個1個ポットに入ってるんですよぉーー。
そんでもって毎日1個ずつ丁寧にジョウロで水やりしてるんですスタッフが。
軽く100個はありますからね。
その人に3000チャットあげたいくらいです。(そんだけかい)1000チャット≒100円


DSC07809_convert_20170819221201.jpg

朝食をとるレストランから見える風景。
ムスメが「恐竜がいる」と言い、いるわけないだろと言ったのだが本当にいた。


DSC07810_convert_20170819221213.jpg

こういうバカデカイ鉢に南国風の植物がこんもり植えてあり、要所要所に配置されている。緑と茶色のコントラストは無敵。


DSC07818_convert_20170819221225.jpg

プールサイドの大木に絡まる謎のつる性植物。
またこれが葉っぱがデカイのよ。


DSC07819_convert_20170819221237.jpg

プール。
日中は暑すぎて、外歩きはきついので、時々こうして水に浸かりに来る。
ここでコンチネンタルな軽食をオーダーし、チェアに寝そべっていたら、もう日本であくせく働きたくねーなと思った。「ここ天国ちゃう?」




ま、帰国してすでにあくせく働いているわけですが・・・(汗)。
今日は疲れたのでここまで。
最後に 電池が切れる寸前のカメラで撮ったムスメの奇跡の1枚。


DSC07727_convert_20170819225742.jpg




関連記事

永六輔さんが亡くなって1年が経つのだなぁ。




金曜日に載っている「無名人語録」が好きだった。


「国会中継でカメラが議席をパンしてゆくと、寝ている奴がいるだろ。
秘書や周囲が気がつくまでアップにしてりゃいいんだ。
カメラは我々市民の味方でなきゃ」


「強い日本から美しい日本へ。
総理大臣が急に日本を美しいと言い出したね。
そういえば、死ぬことも美化する国だったよな」


「沖縄からは日本が見える。
日本からは沖縄が見えない」



…懐かしいなァ。
永さんが今も生きていたら、都民ファーストじゃなくて自民ファーストだよナって言ってそう。
エスプリの効いた言葉で、ぐさりと胸に突き刺さる。
クスリと笑いながら なぜか泣きたくもなる。



iroiro.gif



たとえばK-POP。
若い子たちがこぞって夢中になっているのを見るにつけ、中国といい韓国といい、周辺のアジアの国の勢いを実感する。
今の子たちは、嫌韓嫌中の意識など毛頭ないし、いいものはいいと素直に受け入れるから。
そのうち日本のタレントさんがこぞって隣国に出稼ぎに行くようになるかもよ。


アベノミクスのせいで、庶民の生活はかつかつだ。
低賃金で文句も言わずに身を粉にして働いても、年金がもらえるのは75歳!?
もう死んでるわっ!!(怒)
その年金でさえ雀の涙。病気になっても足しにもならない。


日本人はもっと怒ってもいい。


お隣の韓国では、大統領自らが脱原発宣言をした。
なのに、日本はできない。

加計学園疑惑もそう。
首相自らが「意向」を行使したことが明らかになっても、内閣はそのまま。
友人が行使したという朴槿恵ゲートより 罪は重いはずなのに。


次に行く国での日本円の価値の低さに 愕然としている今日この頃でありますが。
本当に大丈夫かぁニッポン。
ふと気づくと日本だけ置いてけぼり状態…てなことになりはしまいか。



無名人語録より抜粋。


「近頃の世の中、溜息をつくことが多いけど、その溜息だって集めれば愚痴になる。
その愚痴をまとめると不満になる。その不満を世の中に向けると、世の中を変える力になる。
革命だって元は溜息から始まるんだ」






関連記事

7月12日に作ったリーフハンギングだが




2週間少し経った今はこんな感じ。↓


DSC07623_convert_20170730211900.jpg


全体的に盛ってきて アイアンがほとんど見えない。
下から生えてるチェリーセージが写っていて笑う。



6月12日に作ったビオラのハンギングの今がこちら↓

DSC07633_convert_20170730211930.jpg


おそらく今が花人生で一番輝いている時。


DSC07631_convert_20170730211916.jpg


どの角度から見ても お花がたくさん♪
最近はマメに花がら摘みをしているのと、このところの雨のおかげかな。
小学生が「ほら見て〜。お花キレイ〜!」と言いながら通り過ぎていく。
手にはプールバッグ。夏休みだなぁ。



関連記事